Suitable Dayz

china advice

b0207771_1491878.jpg


先週の火曜日から今週の火曜日まで中国に行ってきました。そこで感じたことを。

空港に降りてまず思ったのは独特の匂いがあること。何の匂いとか、良いか悪いかもよくわかんない、匂いなのか臭いなのかもわかんない。独特の匂い。中国にいることを感じさせるそれがありました。

最初に泊まったのが常州市の金壇というかなりマニアックな所。中国と言われてここの名前が出ることはまず無いであろう場所。日本人は恐らく僕と先輩の2人しかいなかったんじゃないかな。とにかくどこ行っても凝視される。外国人が相当珍しいらしい。車で移動している間の車窓は何となくテレビで見た東南アジアの風景に似ていた。何なのかわからない果物を売っているおばあちゃんと、何年前のものかわからないスクーターと、音だけ聞くとハーレーに似ている荷台付きの変な乗り物。見てて飽きない。ローカルの人しかいかないであろう屋台にも行った。俺よりも10歳は若そうな奴らが盛大に酒盛りしてて飲み過ぎてゲロ吐いてたり、店のおじちゃんがタバコくれたり、初めて見るもの食べたり。何をしても、何が起こっても、周りの誰も自分のことを知らないという感じが何とも心地よかった。ほとんどの人が中国語しか話せないってのも大きかったのかも。英語もほとんど通じませんでした。

次に泊まったのが上海。高い建物とかが多い印象だけど、そこからちょっと離れた所のほうが何か良かった。東京のどっかにありそうな街路樹が植えられた道路とか、たまーにある洒落たカフェとか。薄目で見ると東京と何ら変わらない風景がどことなく安心感を与えてくれるような、くれないような。shelterってクラブがイケてるらしく、結構名だたるDJが来てるっぽいんで行ってみたら見事に休みでした。次回こそは。

でもやっぱり一番印象に残ったのは、そこに住んでる人たち。俺と似てるような顔してるけど、話す言葉も食べてる物も吸ってる空気も聴いてる音楽も何もかも全然違う人。次はもうちょい言葉覚えてナンパぐらいはして帰ってこねば。

世界は広い。らしいっす。


[PR]
by yujilow | 2011-08-11 02:25